白い巨塔(唐沢寿明主演) 3話の動画配信・あらすじ&ネタバレ感想!財前の査問問題と土下座

HOME動画配信国内ドラマ

白い巨塔(唐沢寿明主演) 3話の動画配信・あらすじ&ネタバレ感想!財前の査問問題と土下座

白い巨塔(唐沢寿明主演) 3話の動画配信・あらすじ&ネタバレ感想!財前の査問問題と土下座

唐沢寿明主演ドラマ「白い巨塔」3話の動画配信情報とあらすじ・ネタバレ感想をご紹介します。

白い巨塔 第3話「土下座」

欲を出し隠れて手術をしたことで、財前は厳しい状況に!!
鵜飼を敵にまわしそうになってしまったうえ、東にもバレて査問されるかも!?

白い巨塔のお得な動画視聴方法

この作品はフジテレビ放送のドラマなので、FODプレミアムで動画視聴しましょう。
今日現在は見放題作品のため、お試し期間中に完全無料でまるごと視聴することもできます。

※本作品の配信情報は2020年9月時点のものです。
配信終了する可能性もあるため、最新の配信情報は公式サイトでご確認ください。

※無料期間中に取得可能なポイントで、有料作品を楽しむことができます!

このFODプレミアムはとにかくお得なんです!!

月額費用888円とお手軽価格でありながら、動画配信だけではなく充実したサービスを利用できるからですね。

雑誌見放題までできて、電子書籍購入は即時20%還元!
漫画も安く購入できるんです。

まずは気軽にお試しして、無料で動画を視聴してみましょう。

白い巨塔 3話のあらすじ

財前五郎(唐沢寿明)から絵画を贈られ「預かっておく」と曖昧な言葉を残して帰った鵜飼医学部長(伊武雅刀)。

その後、困ってしまった財前は舅である財前又一(西田敏行)に連絡をします。
そしてある人物を紹介してもらうことに…

又一が財前に紹介したのは、地区医師会長の岩田(曾我廼家文童)。
彼は鵜飼と浪速大の同期であり、鵜飼が医学部長になれるように医師会をまとめて奔走した人物でした。

鵜飼にとっては、簡単にはあしらえない面倒な恩人。
岩田は、医師会や自分の権益にも繋がると考え、財前が教授選に勝てるよう応援することを約束してくれます。

一方で東は、東都大の弟弟子・船尾教授(中原丈雄)から、頼んでいた教授推薦者の履歴書を受け取っていました。

さらに、ひょんなことから、自分が不在の時に行われた膵臓がん手術に疑問を持つことになり、里見に問いただすのでした。

白い巨塔 3話のネタバレ感想

※ここからはネタバレにご注意ください。
ドラマ白い巨塔3話

>>FODプレミアム公式サイトはこちら<<

小西みどり(河合美智子)の手術をしたことが鵜飼にバレてしまい「預かっておく」という中途半端な言い方をされてしまった財前。

彼は、すぐに舅の又一にヘルプを出したのは、夜、又一が慌てて誰かに電話をしていたシーンでわかり、それが前回の最後のシーンでした。

鵜飼との駆け引き

そして今回、財前のその電話の相手を又一から紹介されることになります。
その相手が、鵜飼の大学の同期であり、医学部長選で色々便宜を図ってあげたという地区医師会長の岩田(曾我廼家文童)でした。

この岩田が現れた時のセリフは、まさにその通り!って感じでした。

又一はん、あんた間違うてます
国立大の医学部ってところは、陰険で狡猾な人間の集まりなんやから
小心で臆病くらいでないと教授にはなれません

この言葉は、鵜飼に絵を送ったのが命取りになるかもと不安に思っていた財前に対し、又一がこれから大学教授になろうとするならもっと大胆にならなくてはダメなのでは?と言ったことに対しての言葉。

確かにそうですよね。
強気で自分に自信満々の財前は東に嫉妬されてますし。

患者よりも、教授など上の立場を重視する医局だからこそ、教授を立てて影に隠れて可愛がられるぐらいの方が、すんなり教授になれるのでしょう。

この岩田という人は、鵜飼を医学部長にするためにお金をばらまいて票をまとめた人。
なかなかの実力者です。

それを知った時の財前には笑ってしまいました。
顔にですぎでしょ(笑)

その話を聞くまでは、こいつ誰だ…みたいな顔をしていたのに、聞いたとたんに、よろしくお願いしますと声も変わりましたからね。

こういうところが、東は気に入らないのかな~~。
自分の我が出すぎです。

まだまだ甘いってことですよね。
相手がどんな人物かわからないうちは、適当にニコニコしたりご機嫌とったりするぐらいにしておかないと…

財前を査問しようとする東の覚悟

又一のおかげで鵜飼の問題もなんとかなりそうだと安心したであろう財前ですが、強い味方がついたことで安心したのもつかの間…
さらに厳しい状況の追い込まれます。

東にも手術のことがバレちゃうんですよね。

きっかけは、里見(江口洋介)が小西みどり(河合美智子)の様子を見に来ていたことでしょう。そこで、東は気づくわけです。緊急の必要はない手術だったのでは?って。

そして、里見を呼んで真相を聞こうとするんだけど、里見もハッキリそうだとは言えず曖昧な返事をします。

しかし、里見のその曖昧な言葉を、東は緊急性はなかったと判断!
鵜飼に教授会で財前を査問するようにとお願いまでしちゃいます。

そこまでやる?ってちょっとびっくりでしたね。
ハッキリそうだったと里見が言ったわけではありませんから。

そうできたのは、東も財前ではなく別の人物を教授にしようと覚悟ができたからだと思いました。財前を排除しようとするつもりとか…

弟弟子から、東都大学の優秀な医師を紹介してもらえたっていうのも理由の一つでしょう。また、教授を無視して手術したというのは自分をないがしろにしたということでもあり、それが相当許せなかったというのもあるでしょう。

これまでもずっと我慢してきたものが、爆発したということ…

査問のことを相談された鵜飼もあわててました。
自分の見落としミスを知られたくないのはもちろん、まだ贈り物の絵画が手元にありますからね。

そのために、またまたこの人も曖昧な言い方をします。
自分に一任してほしいと…

東は、この言葉もまた査問すると了解してもらえたと思って、財前に伝えてしまいます。

東って、何でも自分の都合よく受け取ってしまう人ですね。

う~~ん…
先程とは逆に、財前は東のこういうところが嫌なのでは?
何でも自分勝手に都合よく解釈するところとか、融通がきかずに曖昧にできないところとか。

ここからは、査問されるのかどうかという駆け引きが描かれています。

財前が里見に土下座したのにはもうびっくり!
査問教授会に出席するよう言われてショックを受けていたので、報告書の提出をしないように懇願しながら、なりふり構わずって感じ。

あんなにプライドが高い人が、教授になるためなら土下座だって平気でやれちゃうんだって思いました。

ドロドロの駆け引き!?

そして後半になると、私が怖いと思ったシーンが2つ。

1つ目に怖いと思ったシーンは、ショックで荒れていた財前を見て、妻の杏子(若村麻由美)が教授選がらみで何かあったと思い、東の家へあいさつに行ったシーン。

人気フランスパンを手土産に持っていくのですが、それに対しての東の妻・政子(高畑淳子)の態度が恐ろしい!!

東はパンが大好きだとか言っていたのに、ごはん党だからパンは食べないと冷たく拒否ですよ。その言い方と態度は、それはも怖いものです。

男性や若い方はわかりづらいかもだけど、年配の女性ならこの気持わかるでしょう、きっと。あのピリピリ張り詰めた空気を感じた経験があるはず!

嫌味たっぷりの応酬で、ハッキリ言葉には出さないものの、嫌悪感を思いっきり出してくる感じです。

女は怒らせると本当に怖いです。

そして2つ目に怖いと思ったシーンは、又一と岩田が鵜飼を宴に誘うシーン。
査問にかけるのを辞めてもらうためにも、絵画をどうしても受け取ってもらいたいふたりに対し、トラブルの原因を早く返してしまいたい鵜飼。

ふたりがかりでガンガン圧力かけて攻めていくために、鵜飼もタジタジです。
断れないという状況になったところで、財前本人を登場させて、もう逃げられないという状況に追い込みます。

これってもう脅迫みたいですよ(笑)

財前と鵜飼のふたりきりなら、鵜飼はどうとでもできたはず。
この場に財前を呼んだことで、鵜飼はもう査問中止にするしかないですからね。

もしもその場に彼がいなければ、また違ったかもしれませんが…

結局、査問はなくなりましたが、東の財前への気持ちはより厳しいものになりました。最後は、東の言葉に対し、財前が宣戦布告のようなことを言ったシーンで終了です。

白い巨塔 3話の情報まとめ

里見の妻・三知代(水野真紀)と東の娘・佐枝子(矢田亜希子)が仲良くなり、個人的に会うようにもなっています。
これによって、この作品で大きなグループが3つできたような感じですね。

東グループと財前グループ、欲や権力の塊である医局を嫌いな里見グループです。

最初は教授選で東と財前たちが戦い、その後に財前たちが里見と戦うって感じになっていきます。

▼まとめページと次回第4話の記事もご覧くださいね。

この作品は下記動画サイトで今日現在配信中です!
まずは気軽にお試しトライアルしてみましょう!

白い巨塔(唐沢寿明主演)を観るならここ!
白い巨塔(唐沢寿明主演)関連記事
国内ドラマ関連記事