Dr.コトー診療所(3話)の動画配信・あらすじ&ネタバレ感想!赤ちゃんを助けて

HOME動画配信国内ドラマ

Dr.コトー診療所(3話)の動画配信・あらすじ&ネタバレ感想!赤ちゃんを助けて

Dr.コトー診療所(3話)の動画配信・あらすじ&ネタバレ感想!赤ちゃんを助けて

Dr.コトー診療所(ドラマ)3話を観たい方やストーリーを知りたい方に、動画配信情報とあらすじ・ネタバレ感想をご紹介します。

第3話「赤ちゃんを助けて」

今回は、島にお嫁に来た坂野ゆかり(桜井幸子)が倒れてしまい、母体も危険になってしまうお話です。
今まで大変な手術もこなしてきたコトーですが、今回も助けられるのか!?

Dr.コトー診療所のお得な動画視聴方法

この作品はフジテレビ放送のドラマなので、FODプレミアムで動画視聴しましょう。
今日現在は見放題作品のため、お試し期間中に完全無料でまるごと視聴することもできます。

※本作品の配信情報は2020年9月時点のものです。
配信終了する可能性もあるため、最新の配信情報は公式サイトでご確認ください。

※無料期間中に取得可能なポイントで、有料作品を楽しむことができます!

このFODプレミアムはとにかくお得なんです!!

月額費用888円とお手軽価格でありながら、動画配信だけではなく充実したサービスを利用できるからですね。

雑誌見放題までできて、電子書籍購入は即時20%還元!
漫画も安く購入できるんです。

まずは気軽にお試しして、無料で動画を視聴してみましょう。

Dr.コトー診療所(ドラマ)3話のあらすじ

内さん(千石規子)の腹部大動脈瘤の手術をして以来、志木那島診療所には数多くの患者さんが訪れるようになりました。

そんなある日、入院中の内さんがいなくなった!!
コトーと彩佳が探しに行くと、内さんがいたのは役場の職員坂野孝(大森南朋)の妻・ゆかり(桜井幸子)のところでした。

妊娠中のゆかりの体調が心配で、お産婆さんの内さんは心配で訪れていたのです。

コトーは、ゆかりの足に浮腫を確認し、一度診療所に来るようにと声をかけて戻ります。

その後、ゆかりは風邪気味だという義母の様子をみてから診療所に行こうと思いますが、痙攣を起こして倒れてしまいます。
ゆかりの症状を診て、危険だとわかるコトーと内さん。

コトーは、東京の元同僚で産婦人科専門医の原沢咲(石田ゆり子)へ電話をしましたが、彼女からの返答はすぐ手術が必要だということ。

しかし、対応できる設備がない診療所では帝王切開することもできず、赤ちゃんはあきらめるしかない!?

Dr.コトー診療所(ドラマ)3話のネタバレ感想

今回は、出産にまつわる内容で、コトー自身が決断に迷って困ってしまったお話でした。

出産と言えば、誰にとっても身近なストーリーですよね。
経験がない人でもみな母親から産まれてきたわけですから。

だから、なんだかすごく気持ちが伝わってきやすいお話でした。

今まで、厳しい手術を2回してきたコトーは、突然妊婦が痙攣したことで困った状態に追い詰められます。
これまで、設備がない状況でもなんとか乗り切って来れたのはコトーの技術力が高かったからですが、今回はコトーがいくら優秀でも対応ができないからです。

出産後の赤ちゃんは早産になるため、産まれた赤ちゃんの健康維持するための設備がないってことですから。それではいくら無事出産しても、赤ちゃんがすぐに危機的な状況に陥ってしまいます。

コトーは、専門医に連絡するなどすぐに適切な行動はするのだけど、孤島ならではの問題に次々とぶつかることに…

まず、そんなリスクは受け入れたくないと、受け入れ先が見つかりません。
やっとの思いで受け入れ先を見つけたと思ったら、今度はヘリが飛ばない!?

次々とぶつかる問題の中で、母体のことを考えたら赤ちゃんの犠牲はしかたがないのかと迷うコトー。原沢咲含め何人もの専門医がそうするしかないと言っていたにも関わらず、なかなか決断することができないわけです。

一度は、母体優先と考えて赤ちゃんを取り出そうとしたものの、まだ迷っていたコトーの気持ちを後押ししたのは、原親子とゆかり本人の言葉でした。

ゆかりのセリフは良かったですね。

この子は二度と産まれてこない
殺さないで…

島の…赤ちゃん

私の赤ちゃんではなくて、島の赤ちゃんという所が好き!!

このシーンになるまでには、様々な葛藤やそれぞれの想いが描かれています。

本土産まれで不自由なく育ったのに、島に嫁いでくれた大切なお嫁さんの代わりはいないからと言う義母。人には天から与えられた寿命がある・運命には逆らえないと言いながら、夫の孝を説得した内さん。

ゆかりを大切に思うがゆえに悲しい決断をしようとした家族に対し、島の大切な赤ちゃんだからと命に変えても産みたいと言うゆかり。

それだけ彼女はすでに島の人間で、舅・姑はもちろん島の人をみな家族だと思っているのでは?泣かせてくれますね~(泣)

最後は、茉莉子(大塚寧々)の普段からの行いと機転によって、自衛隊がヘリを出してくれることになり、病院へ送ることができました。無事に出産したと連絡があった時のコトー・彩佳・和田の喜び方はほのぼのさせてくれます!

今回のお話は、原作コミックだと似たようなものが1巻に掲載されています。
ただ、人物が違いますから、内容的にはドラマの7話の設定と合わさっているような印象です。

漫画では、同じように対応設備がないものの、工夫をして診療所で出産をしています。

Dr.コトー診療所(ドラマ)3話の情報まとめ

孤島ならではのトラブルで赤ちゃんと母体ともに助けることができるのか?とハラハラさせる内容だった今回のストーリー。

そして、孤島だからとか関係なく、どんな時でもどんな場所でも、出産は命がけで大変なのだということもわからせてくれました。自分を産んでくれた母や、子供を産んでくれた妻など、感謝したくなるお話でもありました。

▼まとめページと次回第4話の記事もご覧くださいね。


▼医療ドラマ特集はこちら!

この作品は下記動画サイトで今日現在配信中です!
まずは気軽にお試しトライアルしてみましょう!

国内ドラマ関連記事