盾の勇者の成り上がり(アニメ)14話の配信情報&ネタバレ感想!ラフタリアの過去

HOME動画配信アニメ

盾の勇者の成り上がり(アニメ)14話の配信情報&ネタバレ感想!ラフタリアの過去

盾の勇者の成り上がり(アニメ)14話の配信情報&ネタバレ感想!ラフタリアの過去

アニメ:盾の勇者の成り上がりを無料でお得に視聴する方法や、第14話のあらすじ&ネタバレ感想をご紹介!

第14話「消せない記憶」

今回のストーリーでは、ラフタリアが奴隷になる前のつらい過去が関わってきます。また、新たな人物も登場します!

盾の勇者の成り上がりを動画視聴する方法

盾の勇者の成り上がりの動画配信状況は以下の通りです。

本作品の配信情報は2020年9月時点のものです。
配信終了する可能性もあるため、最新の配信情報は公式サイトでご確認ください。

この中で特におすすめなのはU-NEXTですね。
アニメだけではなく、原作ラノベ・コミカライズ漫画・公式アンソロジーなどが一通り揃っているからです。

無料お試し体験でもらえるポイントを使えば、ほんの少しの金額で1冊は購入できます!

さらに、ポイントを追加購入することで最大40%還元してもらえる「ポイントバックプログラム」を利用すれば、まとめて巻を購入したい時にも、かなりお得に購入することができます。

しかし、一番おすすめなのは、FODプレミアムにもU-NEXTにも登録してしまうこと!

FODプレミアムでもコミカライズ漫画は購入可能なんです。
取得可能なポイントとU-NEXTのポイントを利用することで、電子書籍をお得に購入できますから、まずは気軽にお試ししてみましょう。

U-NEXTは31日間・FODプレミアムは2週間無料体験可能!
どちらが自分に合っているサービスなのか確認する意味でもおすすめです。



※無料期間中に取得可能なポイントで、有料作品を楽しむことができます!

盾の勇者の成り上がり14話のあらすじ

王女誘拐や騎士団員殺害の濡れ衣を着せられた尚文たちは、他の勇者たちから逃げて国外へ向かって進んでいますが、それを阻止するためにマインが森に火を放ちます。

さらに騎士団の包囲網によって、希望の土地へ向かうのは困難だと思う尚文一行。そして、女王の影からの話で、女王の元へ向かうことにします。
それにしてもこのままでは…
そう思っていた時に声をかけてきたのは、メルティの知人でもある領主ヴァン・ライヒノットでした。

彼に匿ってもらうことにした尚文たち。
しかし、ラフタリアは辛い過去を思い出してしまって…

盾の勇者の成り上がり14話のネタバレ感想

第14話「消せない記憶」

今回新登場したのは、尚文たちが留まっていた土地の領主であるヴァン・ライヒノットと隣街の領主イドル・レイディアです。

ヴァン・ライヒノットは、見た目は男性なのか?女性なのか?と迷う感じの人で、原作やコミカライズ作品では、名前の設定も特になく「優男の貴族」とされています。

彼は、亜人穏健派の貴族で良識人。
この街にも亜人が多く暮らしています。

ヴァン・ライヒノットが突然現れて屋敷に匿ってくれたことで、とりあえずは尚文たちも一息つきます。しかし、尚文は警戒しているために細かいことに慎重。

食事もすぐに口に入れようとはせず、「毒は入っていませんよ」と尚文の皿のパンをヴァンが食べたうえに、ラフタリアとメルティに言葉をかけられてやっと食べるという感じです。

それはそうですよね。
現状逃走することになったのも、マインや騎士団たちに濡れ衣を着せられたからであって、突然都合よく現れた領主を信じろと言われても難しいでしょう。

逆にメルティは知人であるため、尚文が人を信じることなく慎重にしていることにいら立ちを覚えます。彼女の気持ちもまた、人に騙されたこともない王女ですから、なんで信じられないの?と言うのもわかりますね。

こんな感じで、前半はとりあえず包囲されて行き詰まっていたところに、新たな道ができたというような内容でした。
ヴァンは、原作では名前のなかったようなキャラですが、私はかなり好きです!

盾の勇者だと知りながら、勝手な噂を信じることもなく対応してくれたうえに、匿ってもくれた人物ですからね。

コミカライズ漫画では、過去に尚文が行商でアクセサリーを売ったという設定だったため、行商をしながら人々を助けていることを知っていました。

しかしアニメではその設定もないため、直接会うことがなくとも多くの情報から正しい判断のできる懐の深い人だな~という印象です。

そして後半からが一番の見どころです。
隣街の領主イドル・レイディアが登場します。

彼がラフタリアを苦しめている張本人ですね。
ラフタリアを含む多くの亜人を奴隷にして、虐待していたのは彼だったのです。

ヴァン・ライヒノットの屋敷にイドル・レイディアの私兵が盾の勇者を捕まえるために乗り込んできます。
そして、それを阻止しようと、対応に出たヴァンとメルティを連れて行ってしまいます。

イドル・レイディアが私兵まで使って盾の勇者を捕まえようと乗り込んできたのは、彼が三勇教信者だから。目的は、ヴァンとメルティを人質にとって盾の勇者をおびき出し、抹殺することです。

尚文たちは、メルティを助けにイドル・レイディアの屋敷へ!

ここから、ラフタリアが過去の辛い思い出と決別すべき戦いが始まります。尚文もラフタリアもカッコよかったですね!!

ムチを振り回すイドルに対し、覚悟を決めて立ち向かうラフタリア。
最後は、ラフタリアがイドルに剣をつきつけたところで終了でした。

盾の勇者の成り上がり14話のまとめ

ラフタリアは、尚文に救われるまでは地獄のような奴隷生活を強いられていたため、イドルに対する恐怖は相当なものです。それでも立ち向かった彼女はすごい!

次回、イドルに対して彼女はどうするのか、そのあとどんな事件が起こるのか楽しみですね。

▼まとめページと次回第15話の記事もご覧くださいね。


この作品は下記動画サイトで配信中です!

まずは気軽にお試しトライアルしてみましょう!


 

 

アニメ関連記事